モンハン

【MHWアイスボーン】歴戦キリンのソロ攻略法と周回におすすめの装備

アイスボーンになってもモンハンワールドのエンドコンテンツは装飾品集め!

導きの地やムフェトジーヴァが終わって装飾品集めをしているハンターも多いと思うので、筆者が歴戦クエストで使用している装備などを紹介しようと思います。

今回は歴戦キリン。初心者キラーとしてお馴染みで、苦手としているハンターも多いと思います。しかし、しっかりと装備を整えれば歴戦古龍の中でも狩猟しやすいモンスターなので、是非狩れるようになりましょう。

おすすめ装備はガード可能な散弾ヘビィと肉質無視のダメージが狙える徹甲榴弾ライトです。

歴戦キリンの弱点と対策

・弱点は頭。弱点属性は火属性
・雷まとい状態では胴体の肉質が硬くなるので、弾かれに注意
・ライン状の雷攻撃はガード強化が必要。それ以外はガード可能。
・麻痺は効かない、睡眠は有効

頭以外が硬いので頭を狙いたいですが、動きが早いので近接武器だと狙いにくいです。散弾なら頭を狙いやすいのでおすすめ。

近接武器なら胴体に傷つけをするのもありです。

対策スキル考察

・麻痺耐性3
・雷耐性3or気絶耐性3
・整備

雷による麻痺と雷やられからの気絶が怖いので、慣れないハンターは耐性スキルをしっかり揃えましょう。

耐雷の装衣なら麻痺と雷やられを無効化するので、装衣の再装着までの時間を短縮する整備も有効です。

攻略のコツ

近接武器の場合、雷まとい状態では紫ゲージでないと胴体で弾かれてしまいます。その為、紫ゲージの武器を使用するか心眼を発動させる必要があります。

慣れるまでは被弾する事も多いですが、散弾ヘビィは最も相性のいい武器です。しっかりと攻撃をガードしてから1~2発撃つようにしましょう。最も被弾しやすいのはリロードのタイミングなので、キリンの動きを見ながら慎重にリロードをしましょう。

徹甲榴弾なら頭を狙わなくても肉質無視のダメージで、なおかつ頭を狙えばスタンも取れるので、比較的戦いやすいと思います。

ただし陸珊瑚の台地は段差が多いので、回避装填の場合は失敗に注意。段差でジャンプリロードに切り替えるなど工夫が必要です。

あわせて読みたい
【MHWアイスボーン】回避装填を使うなら知っておきたい、回避装填失敗時のリロードテクニック【小技】徹甲榴弾ライトボウガンを使用するなら利用する事が多い『回避装填』ですが、咆哮や段差で失敗する事も多いのがデメリットです。 普通はそ...

落雷

ハンターの上に落ちたり、キリンの周囲に落ちたりとバリエーションが豊富。鳴き声とモーションの後に、落雷が落ちる地面が青白くなるので、攻撃しすぎてなければ回避はしやすいと思います。
落雷によく当たる場合は、攻撃回数を減らして回避する時間を増やしてみましょう。

ライン状雷攻撃

縦横の広い範囲にライン状の雷撃を行います、ガード強化が必要で、かなりの高威力なのでガード不可の武器には怖い攻撃です。
モーションは長いので落ち着いてラインの間の安全地帯を確保しましょう。



散弾ヘビィ装備

お馴染みのガード性能5+ガード強化の散弾ヘビィ装備。マッスル腕のおかげで攻撃4が可能となったので、覚醒武器の赤龍ノ撃ツ砲・迫撃ならカスタム強化無しで会心率100%が可能となりました。

ガード強化で全ての攻撃がガード可能なので、耐性スキルは無しです。クリアタイムは8~10分程度。

あわせて読みたい
【MHWアイスボーン】赤龍ノ撃ツ砲・迫撃が強い!オウガ砲を超えた散弾ヘビィが登場アイスボーンで最強とも言われたヘビィボウガンがオウガ砲こと王牙砲【震雷】。ついに覚醒武器の登場で最強ではなくなりました。 オウガ砲を超...



徹甲榴弾装備

覚醒武器の赤龍ノ狙ウ弩・水をLv3徹甲榴弾運用するための構成。
シリーズスキルで迅竜の真髄を発動させているので、砲術5+真業物が両立可能です。

あわせて読みたい
【MHWアイスボーン】真業物+砲術極意が強い!赤龍ノ狙ウ弩・水の徹甲榴弾用装備ムフェト・ジーヴァで入手できる覚醒武器ですが、その中でもかなり高スペックのライトボウガンが存在します。その名も赤龍ノ狙ウ弩・水、水冷弾速...

覚醒武器がなければ黒羽の弩Ⅱがおすすめ。火力は落ちるものの、耐性スキルも搭載可能です。