YouTubeで動画配信をはじめました!
モンハン

【MHWアイスボーン】狼牙砲【獣獄】は強くなかった!?オウガ砲との比較をしてみました

ジンオウガ亜種の登場で新たに作成できる様になったヘビィボウガンがあります。その名も『狼牙砲【獣獄】』で、あのアイスボーン最強武器とも言われるオウガ砲の亜種武器になっています。

この記事では狼牙砲のスペック紹介と、オウガ砲との比較を紹介します。

狼牙砲【獣獄】のスペック

攻撃力435、会心率0%、2スロの空きが1つあり。

会心率・スロットはオウガ砲同じですが、攻撃力がオウガ砲よりも15高く特殊弾が狙撃竜弾となっています。

Lv3散弾の装填数やリロード速度もオウガ砲同じですが、Lv3散弾の反動が中となっているのが大きな違いです。



狼牙砲とオウガ砲の比較

狼牙砲の砲が攻撃力が高く、狙撃竜弾なので傷つけも早いので上位互換と思われそうですが、実はそうではありません。

何故なら狼牙砲はLv3散弾の反動が中なので、オウガ砲と同じように撃つ為には『反動抑制パーツが2つ必要』だからです。その為、火力UPに必須である近距離射撃強化パーツの数がオウガ砲より少なくなります。

ガード散弾ヘビィ構成の場合、オウガ砲はシールド×3・反動抑制×1・近距離射撃強化×1でした。

狼牙砲だとシールド×3・反動抑制×2が必要なので、近距離射撃強化パーツが使えないのです。

近距離射撃強化パーツは1つ付けるだけでもダメージが20%アップするので、ガード散弾ヘビィ構成ではオウガ砲が強いのです。

トレーニングエリアでの比較

同じスキル、傷つけありで会心100%の条件で比較しています。

近距離射撃強化パーツ×1のオウガ砲。ダメージは1回で280です。

距離射撃強化パーツなしの狼牙砲。ダメージは1回238と低いが分かります。

次にガード無し構成での比較。オウガ砲は近距離射撃強化パーツ×4、狼牙砲は近距離射撃強化パーツ×3です。

オウガ砲は1リロード撃ち切りで2632ダメージ。相変わらずぶっ壊れの火力です。

狼牙砲は1リロード撃ち切りで2576ダメージ。やはりオウガ砲の方がダメージが高くなります。ガード無し構成でもオウガ砲の方が強いです。



結論:オウガ砲の方が強い

攻撃力アップと特殊弾が狙撃竜弾になったので、狼牙砲に期待をしていましたが、結果的にはオウガ砲の方が強い事が分かりました。

ガード有り、ガード無しのどちらの構成でもオウガ砲の方がダメージが高いので、狼牙砲は無理して作成しなくてもOKだと思われます。

クラッチが狙撃竜弾というメリットを活かせるなら、狼牙砲を選択してもいいと思います。