おすすめ情報

【MHWアイスボーン】挑戦者・フルチャージ・渾身のどれが強い?攻撃スキルで優先するのはどれか

アイスボーンになって火力スキルの構成が固まってきていますが、優先すべき火力スキルで悩む場面もあると思います。

基本的には弱点特攻+見切りLv7+超会心で会心率を100%に近くする構成が主流で、そこから挑戦者やフルチャージなどの火力スキルを選んでいくと思います。

この記事では弱点特攻・見切り・超会心の基本的な攻撃スキルの後に、挑戦者やフルチャージなどの補助的な火力スキルはどれを選ぶべきかを、スキルの特徴と共に説明したいと思います。

各スキルの特徴

挑戦者

モンスターが怒り状態の時にスキル発動
Lv1 スキル発動中、基礎攻撃力+4、会心率+5%
Lv2 スキル発動中、基礎攻撃力+8、会心率+5%
Lv3 スキル発動中、基礎攻撃力+12、会心率+7%
Lv4 スキル発動中、基礎攻撃力+16、会心率+7%
Lv5 スキル発動中、基礎攻撃力+20、会心率+10%
Lv6 スキル発動中、基礎攻撃力+24・会心率+15%
Lv7 スキル発動中、基礎攻撃力+28・会心率+20%

極意発動でLv6、Lv7を発動可能。Lv7で基礎攻撃力+28、会心率+20%まで上昇しますが、発動させる為のブラキシリーズのスキルが微妙なのでおすすめしません。

アイスボーンから非怒り状態ではクラッチクローからのぶっ飛ばしを狙うので、基本的にモンスターが怒っている状態が多いです。

その為前作よりも発動条件がかなり緩和されているので、スキルの恩恵を受けやすいです。
会心率の関係で発動させるならLv1・Lv3・Lv5がおすすめです。

フルチャージ

体力が最大の時にスキル発動
Lv1 スキル発動中、基礎攻撃力+5
Lv2 スキル発動中、基礎攻撃力+10
Lv3 スキル発動中、基礎攻撃力+20

挑戦者と違いLv3で攻撃力+20と上昇率が高いですが、会心率は上がりません。

体力が最大の時に発動する性質上、ガンナーと相性のいいスキルです。特に徹甲榴弾を使用すると会心率がダメージに関係しないので、挑戦者よりも優先されます。

近接武器でも回復カスタムを使用していれば発動しやすいです。会心率が必要なければ優先するべきスキルです。

渾身

スタミナが最大の状態を5秒間維持した時にスキル発動(Lv5は除く)
Lv1 効果発動時、会心率+10%(2秒間持続)
Lv2 効果発動時、会心率+20%(3秒間持続)
Lv3 効果発動時、会心率+30%(3秒間持続)
Lv4 効果発動時、会心率+40%(4秒間持続)
Lv5 スタミナゲージが最大の状態で即発動。会心率+40%(スタミナ使用で即効果切れ)

Lv4とLv5は極意スキルが必要。前作と違いLv5以外は5秒間スタミナ最大状態を維持する必要があります。その為目に見えて弱体化されており、今作では見切りスキルが上げやすくなっているのもあり、最も優先度が低いスキルになっています。

しかし貫通ヘビィなど一部の武器では会心率を底上げしやすいので、全く使用されない訳ではありません。



火力スキルとしては挑戦者が優秀、状況次第ではフルチャージ

アイスボーンではクラッチクロー関連により、モンスターが怒り状態になる事が多いです。

その為挑戦者が発動させやすく、フルチャージや渾身と違ってスキルを維持しやすいので、火力スキルとして優秀です。

一方体力最大を維持できるならフルチャージの方が装飾品の必要数が少ないので、コストパフォーマンスが高いです。

渾身はLv5以外の発動条件が厳しいので、基本的には選択肢に上がりません。

フルチャージがおすすめの状況

体力最大を維持しやすいガンナーはもちろんおすすめですが、特に会心率を必要としない徹甲榴弾運用はフルチャージがおすすめです。

また抜刀大剣も抜刀攻撃で会心率が100%上昇するので、会心率の状態する挑戦者よりもフルチャージの方が優先して発動させるべきです。

近接武器でも回復カスタムがあれば体力最大を維持しやすいです。特に大剣は体力回復量が多く、モンスターダウン中に溜め斬りで体力全快→フルチャージ発動して真溜め斬りといった事も可能なので、挑戦者一択という訳ではありません。



渾身は使えない?

渾身は優先度が低いですが、スタミナを消費しにくいガンナーで使えます。特に貫通ヘビィは弱点特攻を使わずに会心率100%を目指すので、発動させやすい渾身で会心率を上げる方法もあります。

また極意スキルになりますが、渾身5なら前作のように運用可能になります。

結論:武器種や立ち回りによって優先させるスキルは異なる

今作は挑戦者が圧倒的に発動&維持しやすいので優先度が高いですが、状況によってはフルチャージや渾身も使えます。

またKO術や属性攻撃強化、各種弾強化などもあるので、挑戦者一択という訳ではありません。

武器種や装備、立ち回りやモンスターによってスキルを変えるのがモンハンの醍醐味なので、挑戦者だけに縛られないようにする事が大切だと思います。