YouTubeで動画配信をはじめました!
モンハンライズ

【モンハンサンブレイク】傀異錬成のリセマラが修正!アプデ後に効率よく錬成する方法を解説

Ver. 11.0.2のアップデートにより、ついに傀異錬成のリセマラが不可能になる修正が入りました。これにより、以前まで精気琥珀をほとんど使わずにできていた傀異錬成の厳選が不可能になってしまいました。

リセマラは不可能になりましたが、精気琥珀を節約して錬成する方法は使用可能です。この記事では、アプデ後の傀異錬成を効率よく周回する方法を紹介します。

傀異錬成のリセマラが使用不可に!

今まではリセマラにより、スキルやスロットが厳選できたので、傀異錬成の素材である精気琥珀を節約して欲しい能力が厳選できていました。しかしVer. 11.0.2のアップデートにより、傀異錬成のリセマラが不可能になりました。

防具の傀異錬成後に、セーブせずにリセットして傀異錬成をしても抽選結果は変わらなくなっています。もちろんクエストを回しても、防具を作り直しても抽選結果は変わらなくなってしまいました。

リセマラは不可能になりましたが、精気琥珀を節約して欲しいスキルを待つ方法は存在しますので、そちらを紹介したいと思います。



傀異錬成のテーブルの仕組みを理解しよう

まず傀異錬成の節約周回方法を紹介する前に、傀異錬成のテーブルの仕組みを紹介します。テーブルと聞くと何だか難しいイメージがあるかもですが、そんなに難しくないので、すぐに理解できるとは思います。

テーブルとか面倒くさいと言う人は、次の項目のリセマラ方法まで飛んでもらってOKです。

傀異錬成の抽選結果は、ランダムではなく予め決められた結果になります。1回目は防御力+10,2回目はスロット追加、といった様に、リセットしても同じ結果となるように決められたものをテーブルと言います

上の写真のように、プライド防具で錬成して刃鱗磨きと回避性能が付与された場合、リセットしてゴールドルナや月光に錬成すると同じ結果となります。

これはプライド防具とゴールドルナ防具と月光防具は同じテーブルだから起こる現象です。傀異錬成結果はテーブルであらかじめ決まっているので、プライド防具で傀異錬成してセーブせずにリセット後、ゴールドルナや月光で傀異錬成しても同じ結果が反映されるという事です。

しかしプライド防具とアロイ防具はテーブルが異なるので、プライドで傀異錬成してセーブせずにリセット後、アロイで傀異錬成すれば異なる結果となります。傀異錬成のテーブルは防具の種類により複数あるのが特徴です

この特徴を利用して、『テーブル6の防具で10回錬成したが結果が良くなかった→リセットしてテーブル5の防具で錬成する』といったテーブル変更が可能になります。

サンブレイクでは現在テーブル1から6の6つのテーブルに分類される防具があるので、最大で6つのテーブル分の錬成が可能という事です(7つ目のしまき、なるかみ防具の特殊テーブルもありますが割愛しています)。

防具毎のテーブルはモンハンライズ:サンブレイク攻略 | hyperWikiさんのページが参考になります。



精気琥珀を節約する周回方法

ではテーブル毎に抽選結果が違うのが分かったと思いますので、具体的なリセマラを解説します。

1.オートセーブをオフにする
2.テーブル6防具の傀異強化を10回する
3.欲しい能力が出なければ、セーブせずにタイトルへ戻る
4.テーブル5防具の傀異強化を10回する
5.欲しい能力が出なければ、セーブせずにタイトルへ戻る
6.テーブル4防具の傀異強化を10回する
7.欲しい能力が出なければ、セーブせずにタイトルへ戻る
8.テーブル3防具の傀異強化を10回する
9.欲しい能力が出なければ、セーブせずにタイトルへ戻る

10.テーブル2防具の傀異強化を10回する
11.欲しい能力が出なければ、セーブせずにタイトルへ戻る
12.テーブル1防具の傀異強化を10回する
13.欲しい能力が出なくても、10回目の傀異強化した時点でセーブする
14.再び手順2から傀異強化をする

これが一連の流れです。以前までのように同じ防具でリセマラをするのではなく、『傀異錬成する→欲しい能力がなければ違うテーブルの防具で錬成する』といった感じになります。

防具毎のテーブルはモンハンライズ:サンブレイク攻略 | hyperWikiさんのページが参考になります。

テーブルが変われば出現する能力も変化するので、シルソルで10回錬成→セーブせずにリセットしてカイザーで10回錬成→リセットしてレウスで10回錬成・・・といった感じです。もちろん途中で欲しい能力があれば付与してしまいましょう。最終的にテーブル1で10回錬成してセーブすることで、テーブルが10回分進むので、再度テーブル6から錬成していきましょう。

この方法のメリットとしては、同じテーブルの防具を錬成し続けるよりも精気琥珀が節約できることです。

例えばシルソルなどのテーブル6防具を10回錬成すると、精気琥珀・尖が20個必要になります。もし10回分がはずれの場合、精気琥珀・尖を20個消費して10回分のテーブルを進めることになります。

しかしセーブせずにリセットして、テーブル1防具で10回錬成すれば精気琥珀が20個or精気琥珀・上が10個消費で10回分のテーブルを進めることができます。

もちろん10回ずつ錬成でなく20回でも30回でもOKです。以前のリセマラ方法よりも効率は低下しますが、普通に錬成するよりも精気琥珀が節約できるのでオススメです。