看護

看護師はラテックスアレルギーのハイリスク!手荒れの原因は手袋!?

天然ゴム製品に接触することによって生じる、蕁麻疹やアナフィラキシーショックなどのアレルギー反応をラテックスアレルギーといいます。

病院には手袋やカテーテルなどの天然ゴム製品があり、医療従事者は日頃からゴム製品と接触する機会が多いのでラテックスによるアレルギーの症状が生じやすい(ハイリスク群)です。

最近はラテックスを使用していない商品が多く、手袋もラテックスフリー(ラテックスが含まれていない)のものが主流になっています。

しかし看護師をしている皆さんの中にも手荒れで悩んでいる方も多いのではないのでしょうか?ラテックスフリーの手袋を使用しても手荒れが治らない方も多いと思います。

実は「ラテックスフリーの手袋でもアレルギーになる」と言われています。この記事ではラテックスアレルギーについてとラテックスフリー手袋でアレルギーが起こる理由を解説したいと思います。

 

ラテックスアレルギーとは

天然ラテックスを含む製品に接触することによって誘発されるアレルギーで、アナフィラキシーショックや蕁麻疹などの即時型アレルギー反応を引き起こす疾患です。

ラテックスアレルギーで最も多い症状は蕁麻疹であり、手袋を装着した部分にかゆみや発赤・膨疹・水疱が生じます。時に症状が全身性に広がることもあります。

時にアナフィラキシーショックに移行する場合もあり、アナフィラキシーショックによる死亡例も報告されています。

医療現場では手袋・駆血帯・手術用のキャップ・カテーテル類とラテックス製品を使用する機会が多く、特にICUや手術室などでは医療者・患者ともに接触する機会が多いです。

一般人よりも医療従事者の方が罹患率が倍近く多いので、職業性の疾患であると言われており、医療従事者はラテックスアレルギーのハイリスクグループです。

 

ラテックスアレルギーのハイリスクグループ

医療従事者

アトピー性皮膚炎などのアトピー体質

先天性疾患などで繰り返し医療行為を受けているもの

ラテックス製造業者

ラテックスフルーツ症候群も知っておこう

ラテックスのアレルゲンは植物由来のタンパク質なので、果物に含まれる構造とよく似ています。その為果物を摂取した際に、ラテックスアレルギーのようにアナフィラキシーなどの症状を引き起こす場合があります。

果物の摂取によるアレルギーをラテックスフルーツ症候群といいます。

アボカド、栗、バナナ、キウイによってラテックスフルーツ症候群のアレルギーが起こりやすく、これらの果物で蕁麻疹などの症状が出た事がある場合、ラテックスアレルギーのハイリスク群となります。

最近は問診でラテックスアレルギーの有無を聴取する事がほとんどですが、果物によるアレルギーの有無もしっかりと確認しておきたいです。特に手術をされる患者さんはラテックス製品の暴露のリスクが高くなるので、しっかりと問診しておきましょう。



ラテックスアレルギーへの対応

ラテックスアレルギーを持つ患者さんやアレルギーの疑いのある患者さんの対応の基本は『ラテックス製品との接触を避ける』ことです。

ラテックスアレルギーの予防・対応ともにラテックス製品の除外となっています。医療用品でどのようなものにラテックスが含まれているのか下記にまとめました。アレルギーの疑いがある場合は物品の使用を避けるか、ラテックスフリーの物を選択するようにしましょう。

ラテックスの含まれている可能性のある物

ゴム手袋・手術用滅菌手袋・駆血帯・手術用キャップ・絆創膏・尿道留置カテーテル・輪ゴム・マンシェットのホース・酸素マスク・マスク換気用ゴムバンド

医療者もラテックスフリー製品を使用しよう

医療従事者におけるラテックスアレルギーの対策としては、ラテックスフリー手袋への全面的な切り替えが望ましいです。しかしコスト面で難しい面もあるので、溶出する蛋白質量の少ない『パウダーフリーラテックス製手袋』を選択するといった対策方法があります。

またラテックスアレルギーやラテックスアレルギーの疑いのあるの医療従事者はニトリル製手袋やビニール手袋など、天然ゴムを含まない代替品を使用することが推奨されています。



手荒れの原因は遅延型アレルギー!?

最近では医療機関でラテックスフリーの手袋が主流となっており、看護師がラテックス手袋を装着する機会は減りました。

しかしラテックスフリー手袋を使用しても「かゆくなる」「皮膚が赤くなる」といった症状を引き起こす場合があります。これは手袋に含まれる化学物質による遅延型アレルギーと言われています。

ラテックスアレルギーは即時型アレルギー(1型)なのですが、化学物質によるアレルギーは遅延型アレルギー(4型)が多く、原因としては手袋の加工を早めるために使用される加硫促進剤という化学物質が原因となっています。

症状としてはかゆみを伴う紅斑、浮腫などを引き起こすアレルギー性接触性皮膚炎であり、手袋をつけている限り症状は悪化していきます

現在はラテックスフリーだけではなく、加硫促進剤フリーの手袋も販売されています。

ラテックスフリー手袋を使用しているのに、装着後に手が痒くなるといった症状に悩んでいる方は、加硫促進剤によるアレルギーの可能性が高いです。加硫促進剤フリーの手袋へ変更する・ハンドクリームで保護するなどの対策が必要になります。

 

まとめ

・医療従事者はラテックスアレルギーのハイリスクである。

・フルーツによるアレルギーはラテックスアレルギーのリスクが高い。

・ラテックスアレルギーの対策の基本はラテックス製品の除去。

・ラテックスフリー製品による遅延型アレルギーがある。原因は手袋を製造する際の化学物質によるもの。

ラテックスアレルギーやアレルギー性接触皮膚炎は、看護師として働く上で知っておきたいことです。あまり知られていないですが、安全対策として病院全体で取り組むべき項目だと思います。

またいつ自分がアレルギーになるかもしれないので、看護師は対策は知っておくべきなのです。

手荒れの原因はアレルギーの場合、原因を除去しない限りは悪化するだけです。もし手袋で手荒れをしている人は手袋の種類を気にしてみてはいかがでしょうか。