ゲーム

2020年発売のPS4ソフト11タイトルを紹介。おすすめの注目ゲームはこれだ!

そろそろ2019年も終わりが近づき、2020年を迎えようとしています。

2020年にはファイナルファンタジーⅦリメイクなどのPS4のソフトが発売予定となっています。

この記事では筆者が注目する2020年発売予定のゲームソフトを紹介したいと思います。

龍が如く7 光と闇の行方


 

2020年1月16日発売予定。龍が如くシリーズの最新作となる作品で、龍が如く6に続くシリーズナンバリング作品です。

今作から6までの主人公『桐生一馬』に代わって、新たに『春日一番』が主人公となっています。主人公の変更に伴い、タイトルロゴも春日のやんちゃなイメージに変更されています。

今作からアクション操作でなくRPGのコマンド式に変更されており、アクションが苦手な人でも楽しめる作品になっています。また湘南乃風と中田ヤスタカがタッグを組んだ書き下ろし曲『一番歌』にも注目です。

主人公やバトルシステムの変更で、新たな龍が如くなので筆者が注目している一本です。

ドラゴンボールZ KAKAROT


 

2020年1月16日発売予定。『孫悟空体験アクションRPG』と名付けられており、超美麗なグラフィックでドラゴンボールZの世界を体験できるソフトです。

現状ストーリーはラディッツ襲来からブウ編までは確定しているので、原作のラストまではプレイできると思われます。後はオリジナルストーリーや超のストーリーが追加されるかどうかですね。個人的には超は蛇足なので、原作ラストまででも十分楽しめると思います。

ドラゴンボール世代なら懐かしい気持ちで楽しめますし、ドランゴンボール超世代なら新鮮な気持ちで楽しめる作品になると思います。筆者的にはレビューを待ってから買おうか悩んでいるソフトです。

ファイナルファンタジークリスタルクロニクル リマスター


2020年1月23日発売予定。ニンテンドーゲームキューブで2003年に発売されたRPG作品のリメイク作品です。

ファイナルファンタジーの外伝的作品ですが、ストーリーはオリジナルで元々評価の高い作品でした。今回は新たなアイテムや装備、キャラクターボイスが追加されています。

PS4以外にもニンテンドースイッチやスマホアプリでも発売予定されており、ハードを跨いでオンラインプレイが可能なクロスプラットフォームに対応しています。



Coffee Talk


 

2020年1月30日発売予定。元はSteamというパソコンでプレイできるゲームであり、プレイヤーは喫茶店のマスターとなって、喫茶店を訪れるお客さんにコーヒーを提供し、そこからストーリーが進んでいくノベルゲームとなっています。

ターゲットは22歳から40歳という事で、大人向けのゲームとされています。

BGMも良質なものが多く、癒しを求めるならオススメの1本です。

RUGBY20


2020年2月6日発売予定。『RUGBY18』の続編で、本格的なラグビーが体験できるソフト

20ヶ国の代表チームとプロリーグの56チームが収録されており、日本代表を含む13ヶ国は実名で収録されているのが嬉しいポイント。自分たちの手で日本代表を国際マッチの優勝へ導く事も可能です。

ラグビーの興奮が冷めやらぬ中、発売される本ソフトには期待大です。

ペルソナ5スクランブル ザ・ファントムストライカーズ


2020年2月20日発売予定。『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』を発売したばかりのアトラスより、早くもペルソナ5の続編が登場

無双シリーズのアクションゲームを多数手掛けてきたコーエーテクモゲームスとタッグを組み、シリーズ初のアクションRPGとして開発されています。

ペルソナ5のエンディングから半年後ストーリーが描かれる完全新作であり、今から発売が待ち遠しい1本です。



ファイナルファンタジーⅦリメイク


2020年3月3日発売予定。現在最も発売が注目されているソフトであり、ファイナルファンタジーシリーズでも屈指の人気を誇る作品だけに期待が大きいです。

元々は1997年に初代PSで発売されたソフトであり、クラウドやセフィロスといった人気キャラクターが登場するRPGです。PS4のスペックを活かしてフルリメイクされており、グラフィックが一新され、バトルシステムもコマンドとアクションを融合させたシステムへと変化しています。

本作はボリュームの関係で分作となっており、ミッドガル脱出までのストーリーとなっています。本作だけでブルーレイディスク2枚組となっており、かなり気合いを入れて作成されているのがわかります。

ストーリーも思い出を壊さない程度で再調整されているので、往年のファンも新たな気持ちで楽しめそうです。

2015年に発表され5年の月日が経過し、ようやく発売日が決定しました。とは言ってもこれまでの経過を考えると、発売日が延期する可能性も高いとの声が多くなっています。それでも筆者が最も注目しているタイトルです。

仁王2


2020年3月12日発売予定。コーエーテクモゲームスのTeam NINJAが手掛けるダーク戦国アクションRPGであり、ダークソウルの様な高難易度ゲームで『戦国死にゲー』とも呼ばれています。

前作と違って今作は細かいキャラクリエイトが可能であり、キャラクリエイトでこだわる人にもおすすめの出来です。

また妖怪の力を使う『妖怪化』が新たな力として使用可能になったので、前作よりもバトルの駆け引きが複雑で面白くなってそうです。

気を抜くとステージ序盤の雑魚キャラにさえすぐにやられてしまうので、歯ごたえのあるゲームをプレイしたい方にはオススメのゲームです。

Cyberpunk 2077


2020年4月16日発売予定。『ウィッチャー』シリーズの開発会社CD PROJEKT REDによる完全新作。光なき近未来世界を生き抜く、大人のためのオープンワールドアクションRPGです。

人間と機械が融合可能となった世界観、SF作品が大好きな人にはおすすめできる作品だと思います。まだゲームの情報が詳しく出ていませんが、筆者は『ポリスノーツ』や『スナッチャー』が大好きだったので、期待大の作品です。

Marvel’s アベンジャーズ


2020年5月15日発売予定。その名の通りMARVELアベンジャーズを題材にしたアクション作品です。

ソー、アイアンマン、ハルク、キャプテン・アメリカ、ブラック・ウィドウを比較的簡単な操作で楽しめる作品となっています。

キャラクター毎の個性が活かされており、アイアンマンで空中戦を行い、ハルクは障害物を投げ飛ばしたりと原作を知っていれば120%楽しめるソフトです。

ザ・ラスト・オブ・アス 2


2020年5月29日予定。映画をプレイしているかのようなストーリーとグラフィックで人気作品であった、ザ・ラスト・オブ・アスの続編。

前作はかなりの名作で、PS3史上の最高傑作という声も多いです。ついに続編が登場ということで、今から発売が待ち遠しいです。

個人的にもかなり期待している作品。前作が未プレイなら是非プレイするべきです!絶対にプレイしてよかったと思うので、是非プレイしてみて下さい。