看護

看護師1年目で転職を考えている人に読んでもらいたい、先輩看護師からのアドバイス

『看護師になったけど仕事が辛いから別の病院に転職したい』『希望とは違う科に配属されたので転職したい』など、新人看護師でも転職を考える方は多いと思います。

平成26年に発表された、「厚生労働省の看護職員の現状と推移」では、約51,000人の新卒看護師のうち約8%の4,080人が離職しているというデータがあります。

このように1年目から転職・離職する看護師は少なくありません。病院は慢性的な看護師不足もあり、1年目の看護師でも全然需要はあり、転職は可能なのです。実際に筆者の病院でも1年目で転職をした看護師は多いです。

しかしいくら転職が可能と言っても、『新人看護が転職したら、次の勤務先での印象は悪くなってしまうかも』『技術も知識もないのに転職するのは怖い』といった不安で転職活動に踏み切れない方も多いと思います。

この記事では、新人看護師を指導することが多い筆者が、看護師1年目で転職を考えている人に読んでもらいたいアドバイスをまとめました。

潰れてしまうくらいなら転職しよう

まず言いたいのは、『我慢して潰れてしまうくらいなら辞めた方がいい』という事です。

というのも筆者の働く病院でも、1年目の看護師の1~2割くらいは休職したり、病院を辞めています。それくらい看護師の1年目って肉体的、精神的にきついです

筆者は看護師を10年以上経験していますが、今でも一番辛かった時は1年目の頃だと思っています。自分の職場の後輩が1年目で辞めた事もあります。

看護師の先輩としてアドバイスですが、1年目の看護師はもっと自分の体と心を大事にして欲しいという事です。

自分の人生だから、自分のペースで働いて欲しい

1年目看護師へのアドバイスは、『自分のペースで働いて欲しい』という事です。

『自分のペースで働けないから悩んでるんだ!』ってツッコまれそうですが、自分の限界を超えてまで頑張って周りに合わせないで欲しいです。

1年目ってどうしても同期の看護師と比較されますし、自分でも周りと比較してしまうと思います。でも仕事ってどうしても向き不向きが出てしまいます。

仕事についていけないと無理をしてしまいますし、無理をしているとどこかで限界が来てしまいます

先輩看護師としては早く一人前になって欲しいとは思います。でも無理はしないで欲しい。無理をして潰れてしまう看護師を見てきたので、自分の限界まで働かないで欲しいと思います。

看護師を続けることが大切

看護師を続けていくと自然に実力がついて、同期の看護師との差もほとんど無くなるものです。継続することが大切だと思っています。

今の病院で無理をしないとついていけないくらいなら、自分ペースで働ける病棟へ異動するか、ゆったりと働ける病院へ転職する方がいいと思います。

自分の将来の為に看護師になったのだから、自分の人生だからこそ自分を大切にして欲しいと思います。



今すぐ転職しなくても、やっておきたいたった1つのこと

今すぐではなくても、今後転職しようと考えている1年目看護師さんは多いと思います。

『今のままは嫌だけど、仕事と勉強が忙しくて新しく行動起こすのは大変』。そんな人におすすめなのが、看護師用の転職サイトに「登録だけ」しておくというもの。これだけなら5分で終わる行為です。

転職サイトに登録しておけば、自分の希望や自分にあった求人情報をおすすめしてくれるので、仕事をしながらでも転職活動が簡単に行えます

また『いつでも辞める事ができる』という選択肢があることは大切です。ストレス・疲労が限界に達すると、転職活動を行う気力すら失ってしまいます。そうなる前に、転職サイトで求人情報を集めておくだけでも、『いつでも転職できる』という余裕が生まれます

今すぐ転職しなくても、転職サイトに登録しておくことをおすすめします

筆者のオススメはマイナビ看護師。日本最大級の看護師の求人・転職情報サイトで、もちろん登録無料です。

インターネットで簡単に登録可能で、転職エージェントからの連絡も早いので、転職活動をする時には是非利用してみて下さい。

マイナビ看護師を無料で試してみる