看護

看護師でも知っておきたいガンマ(γ)のおすすめ簡単計算方法

 

ICU看護師ならご存知の方も多いと思いますが、今回はガンマ(γ)計算についての記事です。

 

そもそも看護師にガンマ計算は必要か?と質問されれば、『知らなくても看護師として働くことはできますが、ICUなど昇圧剤や強心薬をシリンジポンプで使用する部署なら知っておくべき』と答えます。

 

医師から「今ノルアドレナリンは何ガンマ?」と聞かれても答えられるように、是非この記事で学んで頂ければと思います。

 

 

ガンマ計算とは

 

ガンマとは薬剤の投与単位であり、1γは体重1kgあたり1分間に1μg(マイクログラム)の薬剤が入る投与速度ということになります。

 

つまり1γ=1μg/kg/minということなります。

 

シリンジポンプにはml/hなのにμg/kg/minという単位が必要なので難しいですよね。

 

ミダ猫
ミダ猫
ちなみに1μgは1/1000mgです。

 

そもそも何故ガンマ計算が必要なのか?

 

なぜガンマ計算が必要なのか?それは体重3kgの赤ちゃんと体重90kgの患者さんに同じ薬剤を10ml/hで投与した場合、得られる効果は同じではないですよね。

 

そこでガンマ計算なのです、ガンマ計算は体重1kgあたり、1分間に、何マイクログラム投与するかを計算するので患者さんの体重も考慮された数値になるのです。

 

『この人は大きいから多めに投与しよう』ではなく、しっかりと計算して適切な量を投与するためにはガンマ計算は必須なのです。

 

ガンマ計算方法

 

ここからは計算が続くので計算が苦手な人はガンマ計算を簡単に行う方法までスキップしてください。

 

まずはシリンジポンプの投与速度はml/hなのでガンマ計算用に単位を変換する必要があります。

 

という訳でガンマをいつもの形になおすと

1γ=1(μg/kg/min)=0.06×体重(mg/h)

となります。

 

ガンマ計算をするにはこの1γ=0.06×体重(mg/h)を利用しましょう。

 

ちなみに薬液はmlではなくmgで計算が必要なので注意です。

 

後は患者さんの体重と薬液のmgが分かればガンマ計算が行えます。ちなみに体重は実体重ではなく標準体重で行います。

 

標準体重の計算方法
標準体重 = 22 X 身長(m) X 身長(m)

 

実際にガンマ計算をしてみる

(問1)標準体重50kgの患者さんにイノバンを3γで投与したい。

先ほどの1γ=0.06×体重(mg/h)に体重の50kgなので1γ=0.06×50=3.0(mg/h)となります。

 

3γなら3.0(mg/h)×3で9(mg/h)です。

 

イノバンの薬液の濃度は150mg/50mlなので、1mlあたりは3mgです。

 

なのでmg→mlにするには1/3すればいいので3γ=9mg/h=3ml/hとなります。

 

(問2)標準体重50kgの患者さんにノルアドレナリン(生食14ml+ノルアド6A)を0.1γで投与したい。

体重50kgなので1γ=0.06×50=3.0(mg/h)となります。

 

0.1γなら3.0(mg/h)×0.1で0.3(mg/h)です。

 

ノルアドレナリンの濃度は1Aに1mg/mlなので生食14ml+6Aなら総量20ml中に6mgということです。つまり1mlあたりの濃度は0.3mgです。

 

なのでノルアドレナリンを0.1γで投与するなら1ml/hとなります。

 

ただこれってすごくめんどくさいですよね。

 

なのでガンマ計算をもっと簡単にできる方法を紹介します。

 

 

ガンマ計算を簡単に行う方法

これがガンマ計算を簡単に行う計算式です!

濃度(mg/ml)×γ=0.06×体重

この式だと慣れると暗算でも計算できるようになるのでおすすめです。

 

さっきの問題をこの式で解いてみましょう。

 

(問1)標準体重50kgの患者さんにイノバンを3γで投与したい。

イノバンは150mg/50mlなので濃度は3mg/mlです。

 

なので3×γ=0.06×50となり3γ=3mlとなります。

 

 

(問2)標準体重50kgの患者さんにノルアドレナリン(生食14ml+ノルアド6A)を0.1γで投与したい。

ノルアドレナリンは1Aが1mg/mlです。濃度は6mg/20mlなので0.3mg/mlとなります。

 

なので0.3×γ=0.06×50となり0.3γ=3mlとなります。

 

0.1γで投与したいので0.1γ=1mlとなります。

 

http://isyamonogatari.com/medical-knowledge/gamma/より参考にさせて頂きました。研修医向けのブログですが面白いのでおすすめです。)

 

どうですか?かなり計算が簡単になったと思いませんか?

 

 

まとめ

 

ガンマ計算に必要なものは

1.薬液の濃度
2.標準体重
3.計算式

の3つになります。

 

濃度(mg/ml)×γ=0.06×体重の式だと計算した数値がそのままmlで使用できるので簡単で便利です。

 

今はアプリ等で簡単に計算できますが、この方法だと慣れれば暗算でもできるので覚えて
損は無いですよ!