モンハン

【MHWアイスボーン】回光返照ー天道ー用砲術5装備。散弾ヘビィもいいけど砲術ヘビィも強い!

アイスボーンで最強武器とも言われているのが散弾ヘビィ。特にジンオウガのヘビィボウガンは、無印MHWのガイラアサルト【賊】を彷彿とさせる強さを発揮しています。

しかしヘビィボウガンは散弾だけではありません。ラスボスのアンイシュワルダの素材で作成できるヘビィボウガン、回光返照ー天道ーも中々に強いのです。回光返照ー天道ーの大きな特徴は、高い攻撃力徹甲榴弾LV3が単発自動装填に対応している点です。

この記事では回光返照ー天道ーのスペック紹介やおすすめ装備を紹介します。

回光返照ー天道ーのスペック

攻撃力450と高く、マイナス会心がないので徹甲榴弾以外の運用も可能なヘヴィボウガン。

麻痺弾と睡眠弾も装填可能で、拡散弾LV2とLV3と竜撃弾も使用可能。特殊弾は狙撃竜弾なので、徹甲榴弾によるスタン→拡散弾や竜撃弾、狙撃竜弾による攻撃が可能となっており、徹甲榴弾ライトボウガンに比べて火力がかなり高くなっています

また1スロットの空きが2つあるのも魅力のひとつ。



砲術5+ガード性能5装備

単発自動装填なので装填拡張を使用せず、ガード性能とガード強化を発動させ守りを安定させています。

砲術5やフルチャージで火力を高めつつ、KO術3でスタンも簡単にとることが可能です。ガードが固く、散弾ヘヴィと違って遠距離からも攻撃できるので、なかなか強い装備だと思います。

欠点としては業物が無いので、徹甲榴弾の弾切れの可能性があります。その為、スタンやダウン時は狙撃竜弾やクラッチクロー、竜撃弾を使用して徹甲榴弾を温存します。

総合火力は徹甲ライトボウガンを遥かに凌ぐ

徹甲榴弾を運用する場合、ライトボウガンは機動力が高く、スタンや肉質無視のダメージも狙えるのでライトボウガンを使用しているハンターは多いと思います。

しかしライトボウガンはスタン時やダウン時に起爆竜弾や散弾を狙えるくらいで、総合火力は低く、徹甲榴弾の調合分が無くなることも多いです。

ヘビィボウガンの場合は拡散弾や竜撃弾、狙撃竜弾といった『隙が大きいが威力も大きい』攻撃が豊富なので、1人でスタンを取れる徹甲榴弾と相性が良く、総合火力は圧倒的にヘビィボウガンが上になります。



抜刀クラッチクロー装備も強い!?

最近ではクラッチクローに抜刀術が乗るので、ヘビィボウガンで抜刀クラッチクローを行うための装備が注目されています。

専用記事があるので興味のある方は参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
【MHWアイスボーン】抜刀クラッチ特化のヘビィボウガンは強い?冰気錬成+砲術のガチ構成が強いイヴェルカーナ防具を4部位使用した抜刀会心+冰気錬成装備は大剣で強いと言われています。しかし巷で噂になっているのが『抜刀会心+冰気錬成ヘ...