看護学生向け記事

【看護師国家試験の勉強法】朝から勉強すると効率アップ!朝活のすすめ

国家試験の勉強をしていると、つい夜更かししてしまいがちではないでしょうか?実は朝の時間の使い方で、勉強の効率が向上することもあります。

いわゆる朝活と呼ばれるもので、最近受験生だけでなく、社会人の学習においても朝活の重要性が唱えられています。

朝は勉強がはかどるゴールデンタイムとも言われており、実際に東大合格者は朝型の生活スタイルの人が多いそうです。

 

この記事のポイント

このブログでは現役のICU看護師による、看護師国家試験対策や勉強方法を紹介してます。

朝から勉強をすることで効率が上がる!国試は朝からなので試験対策にもなる!

朝から勉強する「朝活」はメリットが多い!受験生なら実践しよう!

 

朝活はメリットが多い

「朝活」とはその名の通り朝から勉強をすることです。国家試験当日も朝から試験となるので、朝から勉強する習慣を身につけておくことは国家試験対策に繋がります

また朝活には様々なメリットがあります。

メリット1:朝が一番脳が整理されている

脳の記憶をつかさどる部位である海馬は睡眠中に記憶を整理します。その為朝が最も脳が整理されている状態なので、勉強するにはおすすめの時間となっています。

夜更かしして暗記してもなかなか暗記できなかったことはありませんか?寝る前は頭の中が整理されていないので、朝から勉強するほうが記憶をするという面においてもメリットがあります。

 

メリット2:規則正しい生活習慣で試験に臨める

国家試験当日は朝から試験になるので、朝から勉強する習慣をつけておくことで国家試験対策に繋がります。

体のコンディションはもちろん、頭のコンディションを整える為にも試験前までには早寝早起きのリズムを作っておきたいです。

逆に遅寝遅起きの習慣だと、脳が完璧に試験に対応できない、いわゆる「時差ボケ」状態に陥ってしまいます。参考ページ

また夜型の生活は朝型の生活より体調不良をおこしやすいとも言われていますので、必ず国家試験2週間前には生活リズムを整えておきたいところです

 

メリット3:朝は時間に制限があるので勉強に集中しやすい

早起きして勉強をするという目的がはっきりしていることから、朝は勉強に集中しやすいです。

また朝は「学校に行く前の2時間」といったように、時間に限りがある状況なのでより集中して勉強することができます。夜だと「〇時から勉強しよう」、「〇時まで休憩しよう」といったようにダラダラとしてしまうことが多いのも特徴です。

また朝はテレビも面白いのが放送されていないなどの理由で誘惑が少ないのも特徴です。

 

メリット4:朝は間食をしても太りにくい!

効率よく勉強するなら朝食と間食がおすすめ!」の記事で紹介しましたが、効率よく勉強するなら脳に栄養を与える「間食」がおすすめです。

しかし間食で気になるのは「太る」という事です。勉強に良いとはわかっていても、体重が気になって間食ができない人も多いと思います。

実は間食は摂取する時間によって、太りやすい時間と太りにくい時間に分かれます。太るピークは22時~2時が最も太りやすいと言われているので、夜に勉強して間食をするくらいなら朝から勉強をして間食をとる方が太りにくいのです。

 

朝活を成功させるためのポイント

1.遅くとも22時までには寝るようにする

2.外出する2時間前には起きるようにする

3.必ず朝食を食べるようにする

4.早起きは習慣にするまでが一番つらい!まずは早寝を心掛ける

5.夜は食べてから眠らない、お腹を空かせて寝よう

6.起きたら必ず朝日を浴びよう

朝活を成功させるポイントとして知っておきたいのは。「習慣化するまでが一番つらい」という事です。まずは早く寝ることから初めて徐々に体を慣れさせましょう。

また重要なポイントとしては、朝食を食べて脳に栄養を与えること、朝日を浴びることで体内時計をリセットすることです。

しっかりとこのポイントを押さえておけば習慣化することは難しくありません。

 

まとめ、朝活はメリットが多い

以上のように朝から勉強することはメリットが多く、看護師国家試験対策という観点からおすすめです

なかなか勉強がはかどらないという学生さんは一度朝から勉強をしてみてはいかがでしょうか?

看護師になってからも朝から勉強する習慣があれば役に立ちます。やってみると意外と自分にあった勉強方法だったりするかもしれないですよ。