看護学生向け記事

【看護師国家試験の勉強法】勉強のやる気が出ないのはなぜ?やる気を出す方法を紹介します

看護師国家試験にあたって日々の勉強が大切なのですが、どうしても勉強のやる気が出ない時がありますよね。

たまにならいいかもしれませんが、いつもやる気が出なくてなかなか勉強がはかどらない人も多いと思います。

そんな時に役立つ勉強のやる気を出す方法を紹介したいと思います。

 

この記事のポイント

このブログでは現役のICU看護師による、看護師国家試験対策や勉強方法を紹介してます。

やる気がでるのは、勉強をしはじめてから!とりあえず始める習慣をつけよう!

継続は力なり!まずは毎日5分勉強する習慣を身につけよう!

やる気がでるのはやってからという事実

実は勉強は始めてから疑問を解消したり、わからないことがわかるようになって、やる気が生まれてくるのです。

つまり勉強する前にやる気がないのは当たり前で、やる気は勉強をすることによって生み出されるのです。

ランニングや筋トレといったものでも、始める前が一番やる気がでなくて、やってみるとやる気がではじめるのを体験している人も少なくないのではないのでしょうか?

勉強を始めるまでが一番大変なので、とりあえず勉強を始める習慣を作ることが大切になります。

 

毎日5分は勉強する目標をつくる

皆さんは看護師国家試験の勉強は毎日何時間ぐらい行うことを目標としていますか?
1日1時間以上の勉強を目標にされている人が多いと思いますし、人によっては3時間や4時間という人もいるかもしれません。

しかし運動をしていない人がいきなり10kmのランニングをすることに無理があるように、もともと勉強をする習慣のない人がいきなり長時間の勉強は無理がありますなので「まずは毎日5分勉強する」を習慣にしてみてください!

 

実はこの5分だけ勉強することは、上で紹介している「マインドハックス勉強法」という書籍でも推奨されている方法なのです。

要約するとマーク・フォースターというイギリスのビジネスコーチは「やる気にならないのはやらないからである」「1時間の予定だと今日は時間が無いからと言い訳してしまうが、5分なら言い訳することもできない」として5分勉強することの有効性を述べています。

やらないより5分でもやる方がマシということで、まずは毎日5分を目標に勉強してみましょう!

 

勉強するハードルを下げるのも方法の一つ

勉強のやる気が起きない理由のひとつに「目標の設定が高い」というのがあります。

「ハードルは高い方がいい」と思う方もいるとは思いますが、ハードルが高いとやる気が起きない原因となります。

ダイエットでも1kg痩せるを目標にするのと、10kg痩せるにすることを目標にするのでは前者の方が圧倒的に達成しやすいので、まずは達成できる目標からこなしていくことが勉強を続けていくコツです。

 

継続すること大切さ。継続した人が合格している

継続は力なりという格言があるように、看護師国家試験を合格する為には継続するということが大切です。

期末テストぐらいなら一夜漬けでなんとかなるかも知れませんが、国家試験の範囲は知っての通り膨大です。

いわゆる勉強ができる、頭がいいと言われる人達はコツコツと継続してきた人達なのです、1日数分でも積もれば大きな知識となります。

実は看護師国家試験を合格した後も、1年目看護師は覚えることが多く、看護師は生涯勉強の必要な職業です。毎日数分でもいいのです。「継続する」ということが大切なのだと知っておいて下さい。

 

まとめ:国家試験は自分との戦い、習慣づけることができたら合格は近い!

勉強のやる気がでないのは当たり前で、受験生のみんなが悩むところです。

少しの時間でもいいので、いかに習慣づけることができるかが、国家試験合格の鍵になります。

結局のところ国家試験は自分との戦いになります。色々な誘惑があってなかなか勉強が進まないと思いますが、勉強を続けた人が合格するのも事実です。

是非今から5分だけでもいいので勉強をしてみて下さい。