看護学生向け記事

【看護師国家試験の勉強法】なぜ?は勉強にとって最強のスパイス!常に疑問を持つことが合格の秘訣

看護師国家試験の勉強だけでなく、看護師になってからも必要なのが勉強することです。

看護師になってからも勉強が必要なので、学生のうちに効果的な勉強方法を知っておくと就職してからも役に立ちます。

タイトルにあるように、勉強において「なぜ?」と疑問に思うことは重要であり、効果的な勉強方法とは「なぜ?」と疑問を持ちながら勉強することです。

ではなぜ疑問を持つことが勉強に効果的なのかを解説します。

この記事のポイント

このブログでは現役のICU看護師による、看護師国家試験対策や勉強方法を紹介してます。

なぜ?と疑問を持つことで深く理解することにつながる!

看護師になってからも疑問を持って看護を行うことが、自身のスキルアップに繋がる!

 

疑問を持つことで深く理解することができる

なぜ疑問を持つことが重要か例を使って紹介します。

第106回看護師国家試験より

平成25年(2013年)の感染症発生動向調査による年間の性感染症〈STD〉(sexually transmitted disease)報告数で最も多いのはどれか。
1. 性器クラミジア感染症(genital chlamydiosis )
2. 尖圭コンジローマ(condyloma acuminatum )
3. 性器ヘルペス(genital herpes)
4. 淋菌感染症(gonococcal infection)

答えは1のクラミジアなのですが、ではなぜクラミジアが最も多いか理由はご存知でしょうか?

クラミジアは感染しても半数以上は自覚症状に気がつきにくい感染症であり、1回の性行為で移す確率は50%と高いため、知らず知らずに感染が拡大するという背景があります。

このようになぜクラミジアが正解なのかと疑問に思うこと、そしてその疑問を調べることで深い理解に繋がります。

 

また同じく106回看護師国家試験より

平成25年(2013年)の国民医療費はどれか。
1. 約400億円
2. 約4,000億円
3. 約4兆円
4. 約40兆円

答えは4の40兆円ですが、なぜ40兆円なのかご存知ですか?そもそも国民医療費とは何でしょうか?

国民医療費は国民が医療にかけた費用の総額です。ちなみに医療費はあらかじめ支払っている保険料(給料から引かれるやつです)や税金から賄われている分があるので、実際に病院で支払う金額は3割です。

これがいわゆる3割負担と言われるものです。ちなみに70歳以上は2割負担、75歳以上は1割負担となっています。

国民医療費・対国内総生産・対国民所得比率の年次推移 画像:平成27年度 国民医療費の概況(厚生労働省)

https://resemom.jp/article/2017/09/13/40347.htmlより引用

図を見てもらえば分かると思いますが、国民医療費は右肩上がりとなっています。しかもすごいペースで上がっていることが分かります。

理由として高齢化社会が進行していること医療費が必要なのはほとんどが高齢者であること、医療の進歩によって高額な治療が増えたことなどが挙げられます。

また国民医療費に含まれる費用は診療費、調剤費、入院中の食事、訪問看護医療費などです。間違いやすいのは正常分娩は病気ではないので医療費には含まれません。つまり保険の適応外となります。一方で帝王切開は医療保険の適応となります。

こういったようにひとつの問題でも「なぜ」と疑問を持つことで掘り下げて理解することができます。医療費は40兆円と覚えるよりも、なぜ40兆円なのかと覚えるようにすれば、忘れにくい上に、質問の内容を変更されても対応しやすくなります。

 

疑問を持ったときは脳が覚えるモードになる

なぜ?と疑問を持つことで深く理解することができるのですが、その理由は疑問を持つことは脳が覚えるモードになっていることです。

数多くの資格を持ち、資格王とも呼ばれている高島徹治さんは著書の中で「記憶することにおいて、なぜ?どうして?と疑問を持つことが重要」と述べています。

疑問を持つことで脳が覚えるモードになり、その記憶は自然記憶と呼ばれ覚えやすく、忘れにくい記憶となるのです。

効果的な学習方法が人に教えることの記事で紹介した方法もおすすめです。併せて国家試験勉強に役立ててください。

あわせて読みたい
【看護師国家試験の勉強法】最も効果的な勉強方法は人に教えること!看護師国家試験に向けて勉強しているけど、「なかなか覚えられない」「勉強したのにすぐに忘れてしまう」といった悩みを抱える看護学生さんも多い...

 

まとめ:なぜ?と疑問を持つことは勉強で大切

看護学生向けのなぜ?どうしてという参考書があるように、疑問を持つことは勉強の効果を高めるスパイスとなるのです。

看護師となってからも漫然と業務をこなすのではなく、「なぜそうするのか」と疑問を持って看護を行うことが、自身のスキルアップに繋がります。

国家試験の勉強で悩んでいる学生さんは是非意識して勉強してみてください!