マイホーム

【注文住宅】玄関ドアをLIXILのタッチキーにして分かったメリットとデメリット【電気錠】 

注文住宅を建てる時に選ばないといけないのが、玄関ドアの鍵です。

今は様々な種類の電気錠があり、種類によってはオートロックはもちろん、スマートフォンでの操作や、リモコンをポケットに入れたままハンズフリーでのロックも可能となっています。

我が家の玄関ドアもLIXILのタッチキーにしています。かなり便利なので、電気錠にしてよかったと夫婦共に満足しています。

この記事では我が家が電気錠を選んだ理由や、電気錠を使用してみて分かったメリットとデメリットを紹介したいと思います。

我が家が電気錠を選んだ理由

もともと家を建てる前は賃貸住宅に住んでいましたが、その賃貸は暗証番号式のドアでした。

暗証番号で解錠するので、鍵が不要という事もあり、買い物帰りや子供を抱っこしている時に鞄から鍵を探す必要がないのが便利でした。

そういった背景もあり、夫婦ともにマイホームは電気錠にしようと決めていました。



LIXILのタッチキーが凄い便利だった

夫婦で色々悩んで選んだのが、LIXILのタッチキーです。

オートロックの有無が選べて、リモコンキーを鞄やポケットに入れたままボタンを押すだけで開閉が可能です。

もちろんリモコンでの開閉も可能で、リビングにあるパネルで開閉も可能となっています。

ボタン1つで鍵が開けられるので、子供を抱っこしながらや買い物袋を持ちながらでも、ストレスなく家に入ることが可能なのでかなり便利です。もちろん普通の鍵で開閉も可能となっています。

玄関ドアを電気錠にして分かったメリットとデメリット

メリット

上でも書きましたが、子供を抱っこしていたり荷物を持っている時は、わざわざ鍵を出す必要がないのが大きなメリットです。

電気錠はお金がかかりますが、毎日使うものなのでケチらなくてよかったと思います。

防犯という面でも電気錠は効果があります。最近の玄関錠は上下に2つ鍵がついているものが多いですが、手動で開け閉めをしているとつい面倒くさくなって、上だけ閉めるというような事をしてしまいます。

また電気錠によってはピッキング対策として、上下の鍵どちらかが開いてからもう一方をすぐに開けないと再ロックするシステムもあります。

デメリット

リモコンの電池が切れてしまうと、タッチキーが反応しなくなります。その為、リモコンだけ持って外出していると、電池切れの時に家に入れない可能性があります。

筆者も実際に電池切れで家の中に入れなくなった事があります。なので今はリモコンキーに手動の鍵も付けています。

また子供がいたずらでリモコンを操作する事があるので、リモコンキーの管理も大切です。

終わりに

電池切れなどのデメリットもありますが、メリットの方が大きいので電気錠はおすすめです。

リモコンキーを増やすことも可能なので、我が家は自分・妻・妻の母用の3つを使用しています。

リモコンキーではなくカードタイプや暗証番号型もあるので、気になる方は設計士さんと相談されてはいかがでしょうか?