マイホーム

【注文住宅】我が家がリビング階段を選ばなかった理由。独立の階段で後悔なし

注文住宅での大きな選択といえば『階段』ではないでしょうか。階段にはリビング内にある『リビング階段』と、リビング以外にある『独立階段』の2種類に分けられます。

我が家は妻と相談して独立階段にしました。と言うのもリビング階段のメリットがいまひとつ分からなかった為です。そして今思えばリビング階段を選ばなくて正解だったと思います。

この記事では、我が家が何故リビング階段にしなかったか、独立階段に住んでみて分かったメリットなどをまとめてみました。マイホームの建築を考えている方は是非参考にしてみて下さい。

リビング階段とは?メリットは?

リビングイン階段とも呼ばれ、リビング内に階段を設置する事です。

リビング内に階段を設置する事で、おしゃれで開放感のあるリビングになりますが、リビングのスペースが狭くなる場合があったり、圧迫感があるとされています。

階段を緩やかにするとリビングのスペースが狭くなり、リビングを広くしようとすると階段が急になってしまいます。その為間取りや家具の位置を十分に考える必要があるのです。

リビング階段のメリット

メリットとしては、吹き抜けのリビングと相性が良い事です。特にスケルトン階段(踏み板と骨組みだけのもの)にすれば開放感があり、高級感のあるリビングになります。

またリビング階段は、リビングを通らないと階段が使えないので、家族の接触時間が増えると言われています。特に子供の自室が2階にあると、成長するにつれて接触する機会が減ってしまいます。その為、リビング階段だと自然と子供の様子をうかがえる点がメリットであるとも言われています。



我が家がリビング階段を選ばなかった理由

吹き抜けにしなかった

妻が寒がりであり、2階の居住スペースを広くしたいという理由もあって、リビングは吹き抜けにしませんでした。

最近の注文住宅は吹き抜けの寒さ対策をしていると聞きましたが、それでも吹き抜け無しと比べて寒いと言われています。吹き抜けなしのリビング階段だけでも寒いと言われており、寒さ対策の為にリビング階段にドアをつける方法も考えましたが、そこまでするなら普通の階段でいいという結論になりました。

また暖房効率が悪くなることによる電気代の上昇も嫌だったので、リビング階段は選択しない事にしました。

プライバシーを優先した

我が家は夫婦共に看護師をしています。夜勤終わりは朝の10時くらいに帰宅し、シャワーを浴びて寝るのが習慣になっています。

その為来客があったりすると、夜勤明けにわざわざリビングを通って着替えを取り、シャワー後もリビングを通る必要があるので、プライバシーを優先して独立階段を選択しました。



独立階段で大満足

我が家は玄関からすぐに2階に上がれる独立階段にしていますが、全く後悔なく過ごしています。

リビング階段だと子供とコミュケーションが取れる言われていますが、我々が子供の頃はリビング階段などほとんどありませんでした。それでもきちんと家族でコミュケーションを取っていたと思います。
家族間のコミュケーションが多い・少ないはリビング階段の有無で決まる訳ではありません。

その為、プライバシー面や冷暖房効率の悪いリビング階段にしなくて良かったと思います。