看護

手術室看護師になりたいなら必見!オンコール体制を知らないと後悔するかも

手術室で勤務をする看護師さんならご存知だと思いますが、看護師の勤務体制のひとつに『オンコール』というものがあります。緊急手術が必要な場合に、業務につける看護師を待機させておくというものです。『オンコール』『拘束』『待機』などと呼ばれます。

夜勤のある手術室は少なく、緊急手術に備えてオンコール体制をとっている手術室がほとんどです。手術室の勤務体制はあまり知られていないので、手術室で勤務するのが初めてだとオンコール体制について知らなかったという看護師も多いです。

特に新卒で手術室に配属されるとオンコール体制を知らない新人看護師も多いです。

この記事では手術室で働いたことがない看護師さんにもわかるように、手術室の勤務体制のひとつであるオンコールについて記事にしてみました。これから手術室で働きたい、あるいは手術室に興味のある方は是非参考にしてみてください。

オンコール体制とは?

手術室での勤務は基本的に日勤のみで、病院によって異なりますが、大体9時~17時の勤務になっています。朝一番の手術に備えて通常より早く出勤する早出勤務や、手術が遅くなる場合は遅めに出勤する遅出業務なども手術室での勤務体制のひとつです。

しかし病院は基本的に24時間営業であり、手術予定の無い休日や夜間の緊急手術に対応する必要があります。そのため緊急手術が必要な時に、すぐに病院へ向かう事ができるスタッフを1~3名ほど確保する必要があります。この緊急手術に対応する体制を『オンコール体制』といいます。

病院によって多少違いはありますが、基本的にオンコールは24時間体制となるので、平日は日勤の勤務が終わった後から翌日の勤務開始までがオンコールの時間となります。休日の場合は朝から24時間オンコール体制となります。

また手術は一刻を争う場合が多いので、すぐに病院に駆けつける必要があります。その為オンコール担当者は病院へすぐに向かう事ができるように、自宅や病院の近くで待機する必要があります。



オンコール体制のここがつらい!働く前に知っておきたい事

『手術室看護師を辞めたい』という看護師の理由の一つに、『オンコールがつらい』というのが挙げられます。

オンコールは病棟の夜勤業務とは異なるストレスがあります。オンコールについて知っていないと、就職してから後悔するかもしれません。ここではオンコール体制のつらい点を紹介します。

24時間拘束されるのがストレス

オンコールは24時間体制なので、休日にオンコールの担当になると朝から翌朝まで緊急手術で呼び出される可能性があります。

通常の業務とは違い、『いつ呼び出されるのか分からない』というストレスがあります。もちろん夜眠っている時でも、病院から電話があればすぐに向かう必要があります。

また緊急手術が終わって家に帰っても、再度緊急手術で呼び出される可能性もあります。場合によっては24時間手術室にいる事もあります。

もちろん飲酒もできないですし、外出先も制限されます。たまにならいいかもしれませんが、週に数回のオンコール体制をする場合がほとんどなので、とにかく手術室勤務におけるストレス要因となっています。

オンコールは休み扱い

オンコール体制は24時間緊急手術に備えて待機する必要がありますが、ほとんどの病院はオンコールの待機中は勤務扱いとしていません。その為オンコール待機中の給料は発生せず、休みと同じ扱いになります。

労働基準法においても特に定めが無く、オンコール待機中は労働時間とみなされておりません。呼び出しがあれば、そこで給料が発生するようになっています。

上記の理由から、手術室看護師は実際の休日数が少ないのです。

オンコール手当が少ない

オンコールには手当が支給されることがほとんどですが、オンコール手当が少ない病院が多く。平均は2000円ほどだと言われています。

24時間緊急手術に備えて待機しているのに、手当が少ないのが現状です。

緊急手術が無ければ働かずとも手当が支給されますが、常に緊急手術に呼びだされるストレスがあり、行動も制限されるのでゆっくり休むこともできません。

病棟看護師の夜勤手当が1回で約1万5千円で、24時間拘束されるオンコールが約2千円では割に合わないと思いませんか?

 

まとめ、手術室で働きたいのならオンコールについて理解しておこう

・オンコール体制とは緊急手術が必要な場合に備えて、業務につける看護師を待機させておく方法。

・基本的にオンコールは24時間体制。平日は日勤の勤務が終わった後から翌日の勤務開始まで、休日の場合は朝から24時間オンコール体制となる。

・オンコール体制のつらい点は『24時間拘束される』『休み扱いとなる』『手当が少ない』。

病院によって多少違いはあると思いますが、大体の手術室はこの記事のようになっていると思います。

もし手術室に興味があるなら、働いてから後悔しないようにオンコールについて理解しておきましょう。オンコールの無い病院もありますが、ほとんどの病院はオンコール対応をしています。転職や手術室配属を希望されている人は参考にしてください。